2005年3月、とあるファミリーレストランの一角で7人のクラリネット吹きが集まり産声を上げた京都黒笛音楽隊。名前の由来は、クラリネット⇒黒い棒の笛⇒黒笛、京都にある黒笛で音楽をする団体ということで京都黒笛音楽隊となりました。

クラリネットのみという珍しい団体でありながら京都府職域一般吹奏楽連盟に加盟。年々活動範囲は広がり、クラリネットコンサート、アンサンブルコンテストを中心に、連盟行事であるバンドフェスタ、地域のクリスマス会や依頼演奏など精力的にこなしています。

京都府アンサンブルコンテストでは5年連続で金賞を受賞、2009年、2010年、2013年には京都府代表として関西アンサンブルコンテストに出場しています。夢は全日本アンサンブルコンテストの舞台の上で京都黒笛音楽隊の名を呼ばれること…。